SECURITY

会社の安全を確保する|優良警備会社の選び方を知っておこう

会社の安全を守りたいなら

警備員

信頼される会社として

社員の安全を守り、安心できる職場づくりをするのは会社にとっての責務であり、当然のことと言えるでしょう。そしてそれと同じように社会に貢献し、顧客の安全を保証できる場を提供するというのも、非常に重要な役割です。防犯力の高い会社は、すなわち危険予測やリスク管理のできる体制の整った会社と考えられるのが当然ですから、防犯対策をとるのは会社の価値を高めることと言い換えることもできるでしょう。警備会社のような警備・防犯のプロが行うサービスを導入するということは、防犯的な意味だけでなく、今挙げたように社会的な貢献や社員からの満足度を高めることにもつながるというメリットが有るのです。警備会社の業務は多岐にわたっており、いわゆる警備業務と言われる巡回や点検だけでなく、パトロールや誘導なども仕事内容に含まれます。警備員を配置するだけであれば、導入費用はそれほどかからず、警備員一人につき一万円から三万円が目安と言えるでしょう。一方で、警備システムを導入する場合には初期費用に加えて、利用料金もかかることになります。警備システムは監視カメラや赤外線センサーなどで、人員配置されていない箇所を監視できる機器のことを指しており、機器のグレードによって利用料金が異なります。警備会社によって違いはありますが、高級な監視カメラであれば三十万円、安価なものであれば二万円から五万円ほどです。ちなみに有事の際に警備会社のスタッフが駆けつけるサービスや遠隔で監視するサービスなどもありますが、基本的な業務というよりはオプション的な扱いになっていることが多く、追加で費用を支払うことがほとんどです。

安心して暮らせる我が家に

防犯カメラ

近年住宅侵入犯罪は巧妙化が進み、空き巣、忍び込みだけでなく居空きも目立ってきました。警備会社は安全な我が家で安心して生活をおくるため心強い存在です。警備会社を選ぶ際には、まず資料を請求し、見積もりを出してもらい、自分達のニーズにピッタリ合ったプランを提示してくれる会社を選びます。

不安を解消できます

鍵

警備会社を利用すると、空き巣の被害や災害、急病が発生したときに警備員が駆けつけてくれます。どの警備会社を利用するかは、家族構成や自宅の大きさ、ライフスタイルなどに合わせると良いでしょう。また、利用金額も家によって異なるため、自身にあう警備会社を探しましょう。

警備員達

自宅の防犯を高められる

自宅にホームセキュリティを導入するときは、警備会社と契約すればいいだけですが、自宅から近い警備会社と契約するといいでしょう。理由は、自宅から近ければ近いほど、緊急事態に警備員が到着する時間が早くなり被害も損失も防ぎやすくなるからです。